用語解説

男子ツアー

<ATPワールドツアーとは?>

男子プロテニス協会(ATP)が主催する大会の総称。ツアーは、グランドスラムと呼ばれる4大会(全豪、全仏、全英(ウィンブルドン)、全米)を頂点として、以下、マスターズ1000、ツアー500、ツアー250とピラミッド状にランク付けされる。グランドスラムは厳密に言えば国際テニス連盟(ITF)管轄の大会であるが、ATPツアーの一部として組みこまれている。選手は、試合でポイントを稼ぐことで、よりランクの高い大会への出場権を得ることができる。

<グランドスラム>

全豪、全仏、全英(ウィンブルドン)、全米の4大大会。優勝賞金額は1億円超。優勝者に2000ポイント、準優勝者に1200ポイントが与えられる。

<ATPマスターズ1000>

ATPツアーでグランドスラムに次ぐカテゴリー。年間9大会が開催される。優勝者に1000ポイント、準優勝者に600ポイントが与えられる。

<ATP500>

ATPツアーではマスターズ1000に次ぐランクで、年間11大会を開催。日本で開催される楽天ジャパンオープンは、このカテゴリーに属する。優勝者に500ポイント、準優勝者に300ポイントが与えられる。

<ATP250>

ツアー公式戦と呼ばれる中では最も下のグレードで、年間40大会を開催。優勝者に250ポイント、準優勝者に150ポイントが与えられる。

<ATPチャレンジャーツアー>

ATPツアーの下部ツアーにあたる。優勝者に与えられるポイントは80~125ポイント。

<ITFフューチャーズ>

チャレンジャーツアーのさらに下にあたる下部ツアーで、優勝者に与えられるポイントは18~35ポイント。

<世界ランキング(男子)>

ATPより毎週発表される。ランキングは、ATPツアーとその下のATPチャレンジャーツアー、ITFサーキットで与えられた獲得ポイントの多い18大会分(期間は過去52週間)の合計ポイントで決まる。このほかに国別対抗戦のデビスカップや五輪でも、ポイントは与えられる。

<ランキングレース>

その年のツアーで獲得したポイントの合計を争う。シングルス、ダブルスともに上位8位が、ATPツアーの最終戦「ATPワールドツアー・ファイナル」への出場権を得る。

女子ツアー

<WTAワールドツアーとは?>

女子プロテニス協会(WTA)が主催する大会の総称。ツアーはピラミッド状にランク付けされる。頂点は、グランドスラムと呼ばれる4大会(全豪、全仏、全英、全米)。以下、5段階に分かれたWTAツアー(ツアーチャンピオンシップ、プレミアマンダトリー、プレミア5、プレミア、インターナショナル)、ITFサーキットがある。グランドスラムは厳密に言えばITF管轄の大会であるが、WTAツアーの一部として組みこまれている。選手は、試合でポイントを稼ぐことで、よりランクの高い大会への出場権を得ることができる。

<グランドスラム>

全豪、全仏、全英(ウィンブルドン)、全米の4大大会。優勝賞金額は1億円超。優勝者に2000ポイント、準優勝者に1400ポイントが与えられる。

<プレミアマンダトリー>

WTAツアーではグランドスラムに次ぐグレードで、年間4大会を開催。優勝者に1000ポイント、準優勝者に700ポイントが与えられる。

<プレミア5>

年間5大会を開催。優勝者に900ポイント、準優勝者に620ポイントが与えられる。

<プレミア>

年間12大会を開催。プレミア600、プレミア700がある。日本で開催される東レ・パンパシフィックオープンは、2014年度からプレミア700に属する。優勝者に470ポイント、準優勝者に320ポイントが与えられる。

<インターナショナル>

ツアー公式戦と呼ばれる中では最も下のグレードで、年間32大会を開催。HPオープンはこのカテゴリーに属する。優勝者に280ポイント、準優勝者に200ポイントが与えられる。

<ITFサーキット>

WTAツアーの下部ツアーにあたる。優勝者に与えられるポイントは12~150ポイント。

<世界ランキング(女子)>

WTAにより毎週発表される。ランキングは、グランドスラム、WTAツアー、ITFサーキットで与えられた獲得ポイントの多い16大会分(期間は過去52週間)の合計ポイントで決まる。このほかに国別対抗戦のフェドカップや五輪でも、ポイントは与えられる。

<ランキングレース>

その年のツアーで獲得したポイントの合計を争う。シングルス、ダブルスともに上位8位が、WTAツアーの最終戦「トーナメント・オブ・チャンピオンズ」への出場権を得る。

世界ランキング

テニスブログ集

スポーツナビプラス